庭やガーデンルーム、ベランダに鼻やハーブを育てて春を身近に感じませんか?

かんたんに植えられて、かわいらしく、食卓にも使えるハーブの寄せ植えをご紹介します。



◎寄せ植えの基本◎

 ○ハーブの選び方 必要な水分量や日当たりなど似た性質のものを選びます。原産国も1つの基準となります。

 ○植え方  見る方向を決め、背の高い物を奥に低い物は手前に。 根が伸びられるよう間隔をあけて植えます。
 
 ○土の選び方  水はけのいいアルカリ性の物をえらびます。ブレンドされた培養土でもいいでしょう。



◎ハーブ寄せ植え◎
春の日差しでよく育ち、土は乾燥気味でOK。
比較的育てやすく、料理にも使えて便利なハーブをそろえた、色合いの爽やかな寄せ植えです。


null
null

○植え方
赤玉土を混ぜ、水はけのよい土を使います。背の高くなるローレルを中心に、マジョラム、レッドセージを配置。
コモンタイムやチャービルを周囲に。這性のローズマリーで縁取りします。




○育て方
日当たりのよい場所で育て、夏は半日陰に。水やりは多少控えめ。
2~3週間に1度くらい液肥を与えるといいでしょう。