今日様々な地震予知が試されるものの、その情報はいまだ不確定。
来るべき大地震には、備えが不可欠です。ご家族の防災レベルをチェックしてみましょう。







■チェック1■身の回りの防災意識
万が一に備えて、高所の収納、戸棚の扉・窓ガラスの強度のチェックなど、お休みの日などにご家族で住まいを総点検してみましょう。

家具の上に、重い物を置いていない。
たんすや本棚は留め具なので固定している。
食器棚などガラスには、飛散防止シートを貼っている。











■チェック2■非常用グッズの準備
震災時は、飲み水や食料の確保やとても困難になります。
最低3日間は常備しておきたいものです。

非常用グッズは持ち出し袋にまとめている
飲料水や非常食は最適3日分備蓄している
食料の保存期間、調理に必要な器具もチェックしている。








■チェック3■避難シミュレーション
万が一の場合、ばらばらになったご家族の安否や居場所の確認が困難です。
非常時の避難(集合)場所や行動パターンなどを事前に話し合っておきましょう。

家族全員が非常用グッズの置き場所を知っている
災害避難場所とルートは複数確認し合っている



防災チェックの数はいかがでしたか?
まだ少ない方もご家族で話し合って、万が一に備えましょう