■引き違い戸■
●落ちにくい汚れは、住まいの洗剤かアンモニウムをたらしたお湯で拭き、乾拭きしましょう。


■障子・ふすま■
●ホコリは大きなブラシやはたきで落としましょう。
枡ふすまに付いた手あかなどの汚れは、消しゴムでこすって落としましょう。







■室内ドア■
●乾拭きをし、月に1回はスプレー式の潤滑油などをさしておきましょう。
(注)水拭きは表面材を剥がす恐れがあります。汚れ取りにシンナーやベンジン等の溶剤を使うと変質・変色の原因になります。





■押入■
●晴れた日は襖を開けましょう。
1.湿気を防ぐために、すのこを敷いたり、市販されている乾燥剤や扇風機で風邪を送り込んだりするのも効果的です。
2.除湿付きのエアコンがあれば、襖を開けた状態で運転します。



■化粧幅木・床柱・柱■
●化粧幅木、床の間の丸木柱の白木部分などは、柔らかい布で乾拭きしましょう。
●床柱は、乾燥させたヌカや茶殻を布袋にいれてこするとツヤが出ます。
(注)床柱や木部の水拭きは、保護膜がはがれて表面のツヤがなくなるので、注意してください。



■室内建具のそりの対応■
●1年を過ぎ、ひと通り春夏秋冬を経れば落ち着くので、1年間は開閉に支障がないかぎり、そのままにしておく方がよいでしょう。