«Prev || 1 || Next»
お風呂こそ、美と健康にかけがえのない場所。
入浴の3大効果「健康」「美容」「リラクゼーション」を最大限に引き出す入浴法をマスターして、素敵なお風呂生活を送ってみませんか?





<体を温めてリラックス>
疲れ、冷え、肩こり、不眠などのトラブルはお風呂で解消しましょう。


温度を下げてリラックス
気持ちを落ち着けたい時は、38~40℃のぬるいお湯に入ると、
副交感神経が刺激されて脳がリラックスします。







肩こり、冷え性、不眠の時は…
ぬるめのお湯に浸かると、血液の循環が良くなり、心身もリラックスします。
温まったらゆっくり首や肩を回すと、首や肩のこりに効果的です。





忙しい時や疲れている時に便利なのがシャワーです。
手先・足元から体の中心に向かって園を描くようにかけていくと、
マッサージ効果が大です。















<半身浴を覚えましょう>
基本はぬるめのお湯に長く入る
湯温は38~40℃でみぞうちから下の部分だけ、20~30分お湯に浸かります。
42℃以上のお湯は肌の水分を守る皮脂が落ちて
乾燥しやすくなるので、ご注意!!







長く入るためのコツ
上半身が冷える時は、肩にバスタオルを。
また、湯船の中では浴室用のいすを使うと姿勢がラクになります。








顔はお湯につかって毛穴を開いてから洗えば、それだけでもキレイさアップ。
肌に負担がかからないようゴシゴシせずに、やさしく洗いましょう。









お風呂の工夫して入れば、より健康にも美容にも役立ちますね。
一日の疲れも汚れも、快適にリフレッシュしましょう!!




見る人の目を楽しませ、暮らしに彩りを添える草花。
その生命力は私たちをおおいに元気付けてくれます。
今回は、草花との上手な付き合い方を考えてみましょう。



■元気が出る花の活用法■

●低血圧で朝がつらい
洗面所に赤いバラを。
香りと鮮やかな色が活力を与えてくれます。





●なかなか眠れない
寝室に少し多めのカスミ草を。
心を落ち着かせ、緊張をといてくれます。





●あまり食欲がない。
食卓にマリーゴールドを。
温かい花色とアニスの香りが食欲をそそります。






■花と上手に付き合うために■

●鉢植え
わすれがちなのが風と湿度。
風の変わりに1日数回揺すり、週1~3回霧吹きで葉水して、
夜間はビニール袋をかぶせて保温してあげましょう。






●切花
花持ちをよくするには、水揚げが肝心。
行ける前に茎を水に入れ、先端から2~3cmの所を水中で斜めに切ります。
水は毎日替え、その際に茎の先端のヌルヌルを洗ってバクテリアの発生を抑えましょう。
乾燥対策として1日1回は霧吹きを。







<耳ヨリ情報>
水揚げは、花それぞれに合ったやり方があります(水切り、煮る、焼く等)
いずれの水揚げ後も、蛇口から出たばかりの冷水を使う事は避けましょう。








ほんの小さな『自然』が与えてくれる、毎日の大きなエネルギー。
草花を効果的に取り入れて、心身ともに健康に過ごしましょう!





ゆったりとした時間に欠かせない一杯のお茶。
せっかくだから、もっとおいしく、もっとステキに楽しんでみませんか?


■お茶をおいしく淹れるコツ■
お茶は種類を問わず、おいしく淹れる3つのポイントがあります。
いつもの淹れ方を思い出しながら、チェックしてみましょう。


1.茶葉の分量
カップ1杯あたり、ティースプーン小盛り1杯が適量です。しかい、抽出時間との関係で多少異なります。
たとえば、コクを出したい方は量を多めにして短時間で、という具合です。








2.お茶の温度
おいしいお茶を淹れるには、お湯の温度がとても 重要です。
●高温のお湯
お茶の成分や香りを引き出しやすい
●低温のお湯
苦味が少なく、まろやかに仕上がりやすい。








3.蒸らし時間
茶葉を入れた茶器にお湯を注いだら、茶葉の分量・お湯の温度から蒸らし時間を決めましょう。
●短い時間で蒸らす
・茶葉が多い 
・お湯の温度が高い
・茶葉が小さい
●やや長めに蒸らす
・茶葉が少ない
・お湯の温度が低い
・茶葉が大きい







■きれい&元気になるお茶■
●身体にやさしいハーブティー
 いただく時は、透明な耐熱ガラスのポット&カップでいただきましょう。
◎ハーブの主な効用
・カモミール…イライラした時、眠れない時
・シナモン…胃腸の調子が良くない時に
・ローズマリー…足のむくみなど血行が良くない時に





●香りを楽しむ中国茶
◎中国茶の主な効用
・青茶…食欲増進
・白茶・黄茶…清涼感
・紅茶…ポリフェノールの抗酸化作用
・黒茶…整腸作用(新陳代謝を良くする)
・緑茶…ビタミンC・覚醒作用





おいしいものは、心の身体もリラックスさせてくれますね。
上手な淹れ方を身につけたら、自己流のアレンジも楽しんで!!







■防犯意識チェック■
項目に当てはまる事が多いほど、絶好のターゲットとなります。

レベル1
□ゴミ捨てなど、ちょっと外に出る時は鍵をかけない
□在宅中は鍵をかけない事が多い


防犯の基本は『どんな時でも鍵をかける』こと。早速心がけましょう。





レベル2
□表札、または郵便受けに家族全員の名前が記してある
□洗濯物を干したまま、長時間外出することが多い
□旅行から帰った時、たまった新聞や手紙を読むのが楽しみ







ドロボーのターゲットにならないためには、不在時間や家族構成などの情報を与える事が肝心。
上記のほか、留守番電話の応答メッセージも『在宅だけど手が離せない』といった内容にしましょう。





レベル3
□指定日の前夜などにゴミを出す事が多い
□庭や玄関など外回りが散らかっている

交流が盛んな地域・人付き合いの多い家など、きちんと片付いた場所は人目が多いと判断され、
それだけで侵入をあきらめさせる場合もあります。






防犯ポイントは、しっかり鍵をかけ、ドロボーに情報と時間を与えない事。
この3つを心がけるだけで、危険を減らす事ができます。







ペットと室内で暮らす場合、楽しさの一方で「お互いはストレスを感じない」関係つくりが大切になります。
今回は、人とペットが快適に過ごすためのポイントを考えてみましょう。






■ペットの生活場所■
ペットは基本的に自分でお気に入りの場所を見つけますが、食事・トイレ・睡眠の場所は飼い主が決めてあげましょう。


食事台所の近くが便利。人と一緒を好むので、ダイニングから見える場所がオススメ。










トイレ玄関のわき・ベランダ・洗面所など、寝食の場所から離れていて、拭き掃除がしやすい所に。









食事
ペットが快適に眠れる条件は、基本的に人と同じです。家族と同じ部屋に寝床を作ってあげるのもOK。





■ストレス解消の工夫■
どんなにいとおしいペットの行動でも、時にもストレスを感じる事も…。飼い主ならではの先読みした工夫で、ニオイ・汚れ・いたずらへの不満を減らしましょう。


ニオイ・汚れ対策
・薄めた木酢液
・防水シート(不織布)
・トイレカバー(ネコの場合)



安全・いたずら対策
・子供用セーフティグッズ
・フタやトビラ
・ドア用の網戸




その他の対策
・カーペット
・ビニールテープ





ワンちゃんやネコちゃんも、楽しみを共有する家族の一員。
手軽な工夫で、一緒にステキな生活を満喫しましょう!!















今日様々な地震予知が試されるものの、その情報はいまだ不確定。
来るべき大地震には、備えが不可欠です。ご家族の防災レベルをチェックしてみましょう。







■チェック1■身の回りの防災意識
万が一に備えて、高所の収納、戸棚の扉・窓ガラスの強度のチェックなど、お休みの日などにご家族で住まいを総点検してみましょう。

家具の上に、重い物を置いていない。
たんすや本棚は留め具なので固定している。
食器棚などガラスには、飛散防止シートを貼っている。











■チェック2■非常用グッズの準備
震災時は、飲み水や食料の確保やとても困難になります。
最低3日間は常備しておきたいものです。

非常用グッズは持ち出し袋にまとめている
飲料水や非常食は最適3日分備蓄している
食料の保存期間、調理に必要な器具もチェックしている。








■チェック3■避難シミュレーション
万が一の場合、ばらばらになったご家族の安否や居場所の確認が困難です。
非常時の避難(集合)場所や行動パターンなどを事前に話し合っておきましょう。

家族全員が非常用グッズの置き場所を知っている
災害避難場所とルートは複数確認し合っている



防災チェックの数はいかがでしたか?
まだ少ない方もご家族で話し合って、万が一に備えましょう










«Prev || 1 || Next»